全てのカップに蓋をする

  • 2010/01/16(土) 13:13:00

一人でキャンプや山に行く時は、食事もごく簡単な物しか作らないので調理器具はシェラカップやマグカップで済ますことが多いです。
ただ、元々クッカーでは無いので蓋が無く熱効率が悪いので、アルミ板で自作してみました。
キチンとしたチタン製のも売ってますけど、本体より高いですしね。



用意する物は、0.5mmのアルミ板、0.8φのステンレスワイヤー、かしめ、サークルカッター、錐、ペンチ、金切りばさみ、耐水ペーパー240-600番、定規です。



定規で器の直径を測って、それより5mm程小さくサークルカッターでアルミ板をけがきます。




ザックリと金切りばさみで面取りをしてから細かく切れ込みを入れていきます。



一片ずつペンチで折っていくと簡単にけがいた線で折れ、キレイな円になります。
縁を耐水ペーパーで整えて中心にワイヤーを通す穴を2つ空けます。



ステンレスワイヤーをかしめて取っ手を付けます。
ワイヤーなので、重ねた時にもかさばらないというちょっとした工夫です。



完成!シェラカップは傾斜があるので、少し適当でもそこそこの見栄えになります。



マグカップ用は傾斜が無いので精度が要求されますが、自信が無いので引っかかりを予め作っておきました。



ついでに100均のアルミボールを使って、ストームクッカー風五徳も製作。



Snowpeak350ml・450mlチタンシングルウォールマグ、ベルモントシェラカップディープ、これで全てのカップに蓋が付きました。
一番大きいのは900mlのSnowpeakチタンソロクッカーなので最初から蓋が付いてますが、0.7mmのアルミ板でこちらも製作。
パッキングが5cm程小さくできる様になりました。

アウトドアに行けないときは、こんなことをするもの楽しいですよ。

ベルモント(Belmont)¥ 1,834 (3% OFF)

2009-2010年越しキャンプ

  • 2010/01/03(日) 12:24:49

皆様、明けましておめでとうございます。
本年も楽しいんだか、寂しいんだか解りませんが、おじさんの一人遊びによろしくお付き合い下さいませ。

大晦日から元旦にかけて、千葉の大原に年越しキャンプに行ってきました。
キャンプ場は「大原オートキャンプインそとぼう」。
一緒に行った友達家族が、ドッグランがあるキャンプ場が良いということでここにしました。
去年、年越しキャンプを行った「ワイルドキッズ岬オートキャンプ場」から車で15分くらい南下した場所です。

宮野木JCTで京葉道路に入り、千葉東JCTで東金道路、終点まで行き東金九十九里有料道路を通って九十九里ビーチラインで向かいます。



今回も魚平で買い出し。ブイヤベースを作るので、アサリ、車エビ、カワハギ、サザエを買いました。



晴れ間の間にあられが時々降る不思議な天気。
キャンプ場はAC電源付きサイトもありますが、私たちは空いている広めの芝生サイトC区画に入りました。

サザエのつぼ焼きをつまみつつ、ご飯の支度。


ドラゴンフライでご飯を炊こうと思ったら、バルブを別のボトルに付けたまま忘れてきてしまいました。
仕方ないので、予備用に持ってきたトランギアで炊飯します。
アルコール満タンで、ちょうど2合の炊飯ができました。
火力調整がほとんど出来ないので、お焦げ多めの炊きあがり。



ブイヤベースは七輪で。



今回は料理の写真撮るの忘れてました。
直火不可なので、焚き火台を2台繋げてまた盛大に燃やします。
薪はちょっと薮の中に入れば見つかり、かなり豊富でした。
まったりと大人の時間。
静かに年明けを迎え、乾杯して朝の日の出に備えます。



翌朝、房総にしては珍しく冷え込み、霜がびっしり。
テントの結露も凍り、ドロメタリーバッグの水もガチガチに凍ってました。

みんなで海岸まで歩き、初日の出を待ちます。



水平線に雲が残ってますが、海で初日の出を拝むのはやっぱり気持ちいいものです。

チェックアウトが14時まででよかったので、フリスビーしたりしてのーんびり過ごします。
太陽が昇ると風もなく、ポカポカの陽気でした。

ひとしきり遊んだところで、現地解散。



大原港に初釣りに出掛けました。



今年初の獲物w

こんな感じで今年もスタートした訳ですが、今年はアウトドア・料理・iPhoneをメインにエントリーを書いていこうかと思ってます。

お酒やお店の話題はTwitterでつぶやいていますので、こちらも併せてフォローしていただけると嬉しいです。

本年もよろしくお願いします。
皆様にとって、良い年になりますように!