痛飲生活から通院生活へ

  • 2009/05/24(日) 21:50:59

先週の日曜から体調が悪く、激痛で歩くこともままならない状態に。

病院で抗生物質等を処方されたが一向に良くなる気配が無く、木曜日にサクッと患部を切開してきました。

詳細は思い出しても痛くなるので割愛しますが、やっと出血も止まり、夜も痛みで朦朧とすることなく眠れるようになりました。

ですが、当然アルコール禁止令が出ていますので、暫くは飲みに行けないなぁ。
あと一週間くらいしたら、復活すると思いますけどね。

ETCドライブ

  • 2009/05/13(水) 00:16:18

日曜日の朝、6時に目が覚めて家事をしてもまだ8時。

バス釣りに行こうかなと友達を誘ったら、「行く!」との答えで福島県の阿武隈川に向かいました。




東北道は順調、どこまで行っても1,000円だしね。

約2時間で須賀川インター側の阿武隈川に到着。


友人のEdixと共に。
Edixは2+1のシートアレンジなので、やたらと横幅が広い。
オデッセイより広い!
まあ、お互いファミリーの乗らなくなったファミリーカーに一人で乗っているのもなんですな。



とっても釣れそうなこんな場所だったのですが、ノー感じ。
ボイルもアタリも無し。

早々に諦めて、先日ヤフオクでポチッたMSRのミッシングリンクを試し張り。


ポールは小川のアルミポール150cmを使ってますが、ちょっと長かった。
パイプカッターで10cm詰めることに。



後ろ側は庇の下にメッシュがあります。



前の庇の下にもメッシュ。
シングルウォールの宿命で結露はすると思いますが、換気はかなり良い感じ。



後ろから見るとこんなです。
ソロか子供と2人なら快適に過ごせそう。



こんないい雰囲気の野池にも行ってみたのですが、アタリ無し。

結局二人とも一匹も釣れず終了。
遠くに行けば釣れる気がするのは幻想ですね。
ただ、近くで釣りをしていた地元の人の情報でマル秘ポイントを教えて貰いました。
次回はキャンプ&釣りで行こうと思ってます。

帰りに須賀川にある芹沢温泉にて疲れを癒します。
大人850円ですが、お風呂が充実してて良かったです。
但し、入浴のみの人は少ないようで、盛大な宴会が開かれていました。


入り口がこの状態!

早々に退散して、駐車場で三ツ矢サイダーを飲んでました。
見上げた空には満天の星。
この星空を見ただけで、来た甲斐があったなぁと思いました。

ジャマイカフェスティバル

  • 2009/05/09(土) 21:42:56

仕事の途中でちょこっと抜けて、代々木公園でやっているジャマイカフェスティバルに行ってきました。



けっこう賑わってますね。

サウンドシステムがブンブンいってます。

ジャマイカといえば、ジャークチキン。

このストレートな看板に惹かれて。



ジャークチキンとフェスティバル(揚げパン)。
ビールに良く合うなぁ。


暑い一日だった。
代々木公園の歩道橋から、青山の方をボーッと見ていた。
いつもの歌声が、頭の中で鳴り響いていた。

ぴちょんくん号

  • 2009/05/08(金) 23:25:10

何かいいことありそうな…




ここにもいた!


ダイキン工業のぴちょんくん号
3台あるみたい。




天気も回復。

タケノコ&キャンプ 二日目

  • 2009/05/05(火) 09:17:29

朝、目が覚めると今日も良い天気。
ジョギングや犬の散歩の人達に声を掛けられながら、コーヒーを淹れ暫くのんびり。



朝ご飯は鶏雑炊にしてみました。

サクサクっと片付けて、お風呂に入りに今度は箱根に向かいます。
箱根湯本の入り口で若干渋滞してましたが、そっから先はスムーズにつづら折れの道路を登ります。



宮ノ下「富士屋ホテル」の向かいにあるのが、地元の人の為の共同浴場「太閤湯」。
お風呂は男湯、女湯それぞれ大小4つのお風呂があり、大きい方のお風呂でも4~6人が定員といった小さな場所。
しかし、温泉のお湯は素晴らしく、窓から見える箱根の山々の風景も良いです。


お風呂を上がって、富士屋ホテルの並びにある温泉シチューパンで有名な「渡邊ベーカリー」へ





ビーフカレーパン、プリンクリームパン、きなこドーナツを、車のリヤハッチに座って山を見ながら食べる。
美味しさ3割増しです。

ここから湯本の方へ下り、「神奈川県立生命の星・地球博物館」へ。
大人510円、小学生以下の子供は無料で館内を観ることができます。



入り口では熊がお出迎え。

地球の誕生から、地球の生き物、様々な鉱物など、観て触って学ぶことが出来る楽しい博物館です。
標本がとっても充実しています!



恐竜たち



狼とかアリクイとか



オットセイ、アシカなど



ヘラ鹿だ!



これもキレイだった。

ほとんどの標本に触ることができ、動物の毛の感触や、石のゴツゴツした冷たさを感じたり出来るのがいい。
観るだけだとあまり記憶に残らないけど、感触も加わるとよく憶えられます。

その後、小田原の海辺をぷらぷらしたりして、再びタケノコ山へ。



育ちすぎでしょ!



今日はお肉がメインです。

そして、締めには毎年恒例のNさんのお父様によるそば粉10割の手打ち蕎麦。
今年も美味しかったです、ごちそうさまでした。