スタミナ苑に行ってきました!

  • 2010/07/19(月) 23:44:33

ずっと更新をサボってましたが、これは残しとかないと…

焼肉の名店として名高い「スタミナ苑」に行ってきました!
前日にtwitterでお誘いを受けて、肉食系男子4名で足立区鹿浜に遠征です。

日・祝日は16:30開店ということでしたが、何と14:00に王子駅前に集合、千住車庫行きのバスに乗って鹿浜三丁目下車、お店の到着時刻は14:20分くらいだったでしょうか。

自分がイメージしていたのとは違って、本当に小さな商店街の小さなお店。
しかし既に先客がいらっしゃいました。


スタミナ苑



僕らは2組目。
暑い中、近所をブラブラしたりしながら2時間これから待つのです。



メニュー


こちら、本日のおすすめメニュー。
みすじかー。


並びながらジリジリと陽に焼かれるうちに、行列はどんどん長くなってゆきます。
常連さんはパラソルとベンチを持って慣れた様子。タクシーで乗り付ける人や高級車で乗り付ける人もいて不思議な感じですが、皆さんお行儀良く順番に並んで待っています。


開店一時間前になって、店員さんがビール飲みますか?と聞きにきたので全員YESで取りあえず乾杯〜!





こんなサービスは嬉しいですね。


ビールも入って気持ちも解れつつ、あと少しの開店を待ちます。



行列


開店前の行列は40人程でしょうか。
自分自身が飲食店に長時間並ぶという経験がほとんど無いので、皆さん辛抱強いなぁと思っていたのですが、並ぶだけの価値は充分にありました。


開店


そして16:25に待ちに待った開店!

店員さんの仕切り通りに席に着きます。


食べたいものがありすぎて、注文しすぎたかな?と思いましたがそれは杞憂でした。

美味しすぎて、いくらでも食べられるのです。


それではこれから写真連発で!


上タン塩


上タン塩。



上ハラミ


上ハラミ。


ミックスホルモン


ミックスホルモン(ハツ・コブクロ・センマイ・シマチョウ)。


炙りレバー


炙りレバー。


上ロース


上ロース。個人的にBEST OF BEST!


みすじ


みすじ。


シマチョウ


追加のシマチョウ。(お肉の追加は1回だけできます)


カルビ

中切り落としカルビ。



サイドメニューも抜かり無く…


生野菜


生野菜。海苔の風味が美味しい。


キムチ


キムチ。マイルドで深みのある味付け。


モヤシ


モヤシ。みんな大好き。


コムタン


コムタン。


杏仁豆腐


そして締めの杏仁豆腐。これも美味しかった。



あー、何か写真見てるだけでお腹空いてきますね。

申し訳ないです…


お酒も沢山飲みましたし、会計では一人一本飛んでいきましたが、それにしてもこの品質で赤坂あたりで食べたら軽く3倍は取られるのではないでしょうか。


東京の陸の孤島、鹿浜を訪ね、炎天下に並ぶことも厭わない人々が押し寄せる理由が良く解りました。


また絶対に行きたい店、ここに行く為にちょっと仕事も頑張れてしまうような素晴らしいお店でした。
もちろん、ご一緒させていただいたメンバーあってのこと、またガッツリ食べたいですね!

一人飲みぶらぶら

  • 2009/11/17(火) 00:27:54

久しぶりに土曜日の休み。
荒れ模様の天気でしたが、前から行きたかったお店に行ってみることにしました。

住処が変わってしまって行きにくくなりましたが、山道具を探しに上野に行ったついでに京成関屋のモアナへ。
京成線はスカイライナーで成田に行けますが、飲みへの路線でもあります。

日暮里で各駅停車に乗り換えて、京成関屋へ向かいます。



だいぶ前に来た時は残念ながら定休日でしたが、今回は嬉しいことに明かりが灯っています。
早速中に入ると、3組の先客。
カウンターに座り、今日一杯目のビールと共にレバ刺しとカレーきゃべつをオーダーします。



レバ刺しは牛のレバー。この鮮度で350円はお安いですね。
生ニンニクが苦手なので、ごま油でいただきます。



そしてカレーキャベツ。
レバ刺しを置いといて、まずこれとビールをゴクゴク。

カレーキャベツを食べ終えたら、ホッピーに変えてレバ刺しをじっくりと味わいます。



ホッピーは嬉しい三冷(焼酎・ホッピー・ジョッキが冷えて氷無し)です。
追加でシロたれ&塩を頼んで飲み、和牛ハンバーグ450円に心惹かれつつ、一軒目ということでお店を後にします。

京成関屋の向かいには東武伊勢崎線の牛田駅。
ここから北千住に向かいます。

目指すは酒屋の酒場。
前回来た時に、隣に移転する話を聞いたので寄ってみたのですが、今は移転のため休業の様です。
お父さんが暫し休めることを願いつつ、大はしに移動。

こちらのお父さんは相変わらず元気でそろばん捌きも健在。
良かった、良かった。
キンミヤの梅割りに豆腐だけ(煮込み豆腐の豆腐だけ二丁)をいただきます。

もう充分酔いましたが、せっかく千住まできたんだからと、一駅移動して山谷の丸千葉へ。

南千住の駅から丸千葉へ行く途中に、大好きな居酒屋の大林がありますが、ここは酔って無い時に来たいのであえて通過。
大林に比べれば、丸千葉は気楽です。



里芋の煮っころがしと焼酎、鯖塩焼きなど。
これからは鍋を食べてぞうすいで締めるのもいいですね。
のんびりリラックスできるいいお店です。

丸千葉を出て、南千住までユラユラ歩きます。
途中、遅くまでやっている古本屋を冷やかしつつ、上野まで戻ります。

お酒は充分過ぎるぐらい飲みましたが、何だか小腹が空いてます。
いや、これが悪いのは承知しているのですが、酔った頭にそんな理性はありません。



気付いたらお鮨をつまんでましたわー。

ちょこっと飲み、ちょこっと食べを繰り返し都合4軒。
一人の気楽さもあり、ゆっくりと満たされた気持ちで家路につきました。

立石 OFF

  • 2009/10/11(日) 01:06:10

先週の土曜日、酔っぱらいの聖地である立石に連れて行ってもらいました。
立石といえば、「宇ち多゛」、「江戸っ子」、「栄寿司」、「秀」など有名店は枚挙に暇がありません。
誘ってくれたのはTwitterで知り合ったかみしろ@y_kamishiroさんとみちあき@tmichiakiさん。
おなす@0nasuさんが風邪で来れなかったのは残念ですが、ヘパリーゼ3本パックを携え、16時立石集合でいざ吞んだくれ行脚スタートです。



最初は私のリクエストで鳥唐揚げの名店「鳥房」へ。
口開け待ちに暫し並んだ後、小上がりの入れ込みにきゅうきゅうに座ります。

かみしろさんとみちあきさんは以前からの知り合いなので、どうもどうもという感じ。
私はお二人とも初対面でしたので、初めましてのご挨拶。

挨拶もそこそこにビールを酌み交わし、料理の注文です。
鳥唐揚げは550円、580円、600円という微妙な価格の差があり、600円一つと頼んだところそれじゃ足りないわよというお店のお姉さんの忠告を受けて550円を3つ注文、それと鳥サラダ、ポン刺しを注文。

暫くすると唐揚げが運ばれてきました。
鳥半身がキャベツの上に乗っています。
捌き方はお店のお姉さんがこと細かに説明してくれるので、それに従って解体していくと…



骨と身がバラバラになって食べやすくなります。
骨ごとかぶりつきたい欲求もありますが、ここはお店の流儀に従いましょう。
鳥は皮のパリパリした感触が特に美味しく、揚げ油の香りが独特でとっても美味しい。
この唐揚げを食べただけで、しみじみ立石に来て良かったなあと思いました。
ポン刺しはササミを葱ポン酢で、鳥サラダは野菜と共にちょっと辛みのあるマヨネーズでいただきます。
そこそこお腹も満たされたところで、待っているお客さんと狭い中で座っていた足の痺れが限界に来る前にお会計です。

続いて訪れたのはモツ焼きの「ミツワ」。
ちょうど小上がりが空いていて、ゆったりと席を取ります。
注文はかみしろさんにお任せ。
このあたりから記憶はモヤモヤしていますが、カシラ、シロ、ナンコツを食べたかな?
私はレモンサワーで少しセーブ気味、みちあきさんが焼酎ストレート2連チャンしてちょっと危険な予感。
写真に残ってたのは


モツ煮込み。
コッテリめの味噌味でした。

ここから立石に詳しいろく@sixty_sevenさんが合流。

「二毛作」に移動です。
時間はまだ20時前だったはず。
枝豆の贅沢煮、かみしろさんが苦手だという貝刺しをわざと頼んだりして充分な酔っぱらいです。
途中、みちあきさんが焼酎ストレートが効いて一時離脱、かみしろさんが帰って来なくなって離脱などありましたが、イチローズモルトの美味しさにろくさんと酔いしれ、立石の夜は段々と更けてゆきます。



写真を見ると、最初はみんなでギネスを頼んだっぽい。



枝豆の贅沢煮。お正月の黒豆的な味、旨し。



イチローズモルト、この香りは忘れられない。
感動の味でした。

皆さん充分に酔っていたと思いますが、ここでみちあきさんが帰宅の途につきます。
お付き合いありがとうございました!

そこから更に「おでんや」に移動。





メニューは盛りだくさん。

かみしろさんが、白はんぺんが美味しいと力説していたような…


写真に白はんぺんは無い、食べた後かな?
ちくわぶを頼んだのはたぶん私だな。
この時に一体何を飲んでいたのかも思い出せないのですが、この味は憶えてる。



カレーもやし。これは家でも試してみようかな。
ビールに合いそうだ。

そんなこんなしているうちに終電の時間で、皆さん立石駅でさよなら、また次回のご挨拶をして別れたはずだったのですが…

気付いたら市川真間という駅に辿り着いていました。
ここ何処なの?
千葉にお住まいのろくさんもちゃんと電車で帰れたのに、何をやってんだか…

どうやら青砥で逆方向の電車に乗ってしまったみたい。
そこから何処かへフラフラと歩き、途中でアイスなど食べて適当なところでタクッたみたいですね。

記憶もいつもの如くあやふやなのですが、楽しく、美味しく、お酒を呑めたのは間違いない!

お付き合いいただいた皆さんに感謝、そして次回の廃人の集いを今から楽しみにしています。

BERGが好き

  • 2009/10/04(日) 23:35:08



新宿東口のルミネエストにある「BERG」。

仕事の帰りについつい寄ってしまう大好きなお店。

美味しいビールと、


ポークアスピック



キッパーへリング



ジャーマンポテトサラダ

何を食べても美味しく、安く、そしてキリッとしたサービス。
ずっと続いてもらいたい良心のお店です。



ショーケースの中にこれがある時は、迷わず買い!です。



バッグにもBERG!

渋谷 さつまや

  • 2009/07/19(日) 13:17:59

渋谷の線路ガード脇といえば、のんべい横丁には味のある飲み屋がありますが、今回は線路を挟んで反対側、餃子の王将の隣にある「さつまや」を訪れました。




メニューは出ていませんが、この暖簾の雰囲気からして一人でも大丈夫かなと。
中に入るとテーブル席ではおじさんの2~4人連れで満員の賑わい。
皆さんいい感じで酔っています。

私もカウンターに座り、まずは瓶ビール。
おっ、きちんと大瓶ですね。
肴はさつま揚げ、とんこつ、ねぎぬたを注文。

とんこつは所謂豚の角煮ですが、甘く濃い味付けが鹿児島ならでは。
ビールと良く合います。
一緒に煮込まれた大根が美味しい。
さつま揚げが来たところで、普段は飲まない芋焼酎のお湯割りにチェンジ。
お湯割りはカラカラという独特のとっくりに入っていて、盃でいただきます。
さつま揚げは真ん中に牛蒡が入ったものと人参が入ったものの二枚。
甘めの味付けが芋焼酎と良く合います。
ねぎぬたを肴に焼酎を追加。

暑い時期でもお湯割りやお燗の酒を飲むとゆったりした気分で酔えるのがいいですね。

お店の雰囲気も良かったので、また立ち寄ってみようと思います。