307swワイパー交換

  • 2011/01/24(月) 00:32:21

4年間ワイパー交換していなくてあまりに拭き取れなくなってこれはヤバいなってことで、BOSCHのワイパーブレードに交換しました。


プジョー307に合うのはAERO TWINの型番「A100S」です。

オートバックス等では売ってないので甘木商会さんで購入。
¥9,450と国産車用と比べると少々お高いですが、調べた中では最安値でした。


交換前のブレード、こりゃ酷いですね。

交換はプラスチックのレバーを押して外すだけなのでとても簡単です。
装着はその逆の手順、右が650mm、左が700mmのブレードなのを間違えなければ大丈夫です。


交換してこんな感じ。
格好良くなったなーって思いましたが、こんなの気づくのは持ち主だけですね。

雨が降るのを楽しみにしていたら今年に入って初めての雨が。
しかしその時は既に飲んでしまっていたので性能は確認できず…。

次回の雨のドライブが楽しみです。

307sw 車検

  • 2010/03/06(土) 22:30:17

早いもので、プジョー307swに乗り始めてから3年が経ちました。
いよいよ初めての車検です。

購入したディーラーのプジョー足立が閉店してしまったため最寄りのプショー美女木に、まず概算見積もりを取りに行きました。

自賠責・重量税・印紙代の法定費用が¥61,370。
点検・検査料等で¥66,300。
消耗品のエンジンオイル交換・ブレーキオイル交換・クーラント交換・バッテリー交換・ワイパーブレード交換・エアコンフィルター交換の部品代+工賃で¥63,750。
合計¥191,420という見積もり。
うーん、かなり痛い出費です。

コバックでも見積もりを取ってみたのですが、点検・検査料は¥36,800とかなり安くなりますが、逆に消耗品に関してはディーラーより少し高い見積もりでした。

リコールのABSユニットの防水処理もしてもらわなくちゃなのと、ウインドウモーターの不具合を無償で直してもらう必要があったので、ディーラーに預けることにしました。

少しでも費用を抑えるため、エンジンオイルの交換は事前に済ませ、バッテリー・ワイパーの交換はもう少し待つことにしました。



入庫時の走行距離は24,724km。
週一くらいしか乗ってない割には走ってる方ですかね。

そして待つこと一週間。
最終の明細はこんな感じ。


総支払い額は¥152,983になりました。
同じクラスの国産車と比べると高いと思いますが、命を預けるものだし、やっぱり車のことを解っている人に整備してもらった方が安心なので納得しています。



車を受け取る時に、ロクシタンのハンドクリームを貰いました。
プジョーのディーラーの、こんなちょっとしたサービスも嬉しかったりしますね。

帰ってきた307sw

  • 2008/12/02(火) 00:58:38

2週間の入院を終えて、愛車307swがディーラーから帰ってきました。


フロントフェンダー交換、左フェンダー交換、左ドア板金塗装、ガラスコーティングと工賃で、しめて○十万円の修理代です。
今回は事情があって、全額相手に出してもらえましたが、自損だったら払えないなあ。
ついでにオイルとエレメントも交換して、すこぶる快調です。



代車で出してもらったフィット。
コンパクトカーは楽だし、カーゴスペースも見た目以上に使い勝手が良くて便利でした。
遠出しなければ、これで充分ですね。

PEUGEOT GOODS

  • 2008/05/27(火) 23:18:42


我が愛車プジョー307swですが、このガソリン高に加えて自動車税の支払いなどもきたので、最近は買い物程度しか乗っていません。

別にカーグッズを集める趣味は無いし、他のメーカーのグッズは何も無いのですが、プジョーだけいくつかあったのでご紹介。


これが私のMy First PEUGEOT。20年くらい前に買ったペッパーミルです。


古くなったけど、ずーっと現役。
これでカルボナーラが格段に美味しく仕上がるようになりました。


7年くらい前に目黒の家具屋で買った時計。
今よりマークがヌルい感じ。
詳しい人が見たら、年代とか解るのでは?


これは車を買った時にもらった布のソフトボックス。
洗濯物を移動するのに活躍しています。


たまには遠くに行きたいな。
去年はプジョーで、伊勢、熊野、琵琶湖と廻ってきました。
今年は四国か北陸に行きたいな。

ドリンクホルダー

  • 2008/02/11(月) 00:45:00

車に乗る度に違うんだなーと思ってました。


100均のドリンクホルダー

スーパーオートバックスで、イメージにピッタリのものを見つけました。

ドイツ製HERBERT RICHTERのドリンクホルダー。
黒の梨地で目立たず、日本製のピカピカでブルーに光ったりする方向とは正反対。
車内は素っ気なくしていたい趣味なので、これはいい買い物でした。